トップページ > 旅のベストシーズン

南米旅行のベストシーズン

旅には季節感が大事 !その南米への旅いつ行くのがいいの?

南米旅行に行ってみたいけど、
南米っていつも暑いの?南半球なら季節はいつも同じなの?いつ行くのがベストなんだろう?
と思われる方も多いのではないでしょうか?

南米の旅は、どの季節にどこを旅するかを知ることから!
南米は夏季(雨季)と冬季(乾季)に大別され、訪れた季節や月によってあなたが観る景観は天と地ほどの差が現れます。
WECの「旅季節」年間カレンダーを利用してあなたの思い描いていた通りの極上の旅をアレンジしてください !
 
ブラジルのシーズンカレンダー
   
マナウス(アマゾン)
ブラジル
マナウス旅行のベストシーズン
通年 ※4~5月・10~11月は過ごしやすい気候
 
レンソイス砂丘
ブラジル
 
サルバドール
ブラジル
 
リオ・デ・ジャネイロ
ブラジル
 
北パンタナル
ブラジル
 
南パンタナル
ブラジル
 
ボニート
ブラジル
 
イグアスの滝
ブラジル
 

アルゼンチン旅行のベストシーズン

国土面積世界8位、ブラジルに次いで南米2位の大国アルゼンチンの魅力は何と言っても多種多様な大自然!
南北3800㌔にも及ぶ国土は北西部の乾燥地帯、北東部の亜熱帯、東部の温帯そして南部の寒帯地方に分かれています。
パタゴニア地方を旅行するのであれば10月~3月が最適なシーズンで、アンデス山脈地方の内陸部4月~10月スキー目当てであれば6月~8月がシーズンです。
アルゼンチン旅行をする際に必ず立ち寄るブェノスアイレスは、到着空港と乗継時間を確認しながら全日程の前後に1~2泊予定でアレンジするのがベターです。

アルゼンチンのシーズンカレンダー
 
ブエノスアイレス
アルゼンチン
アルゼンチン|ブエノスアイレス旅行のベストシーズン
通年  ※4~5月・10~11月は過ごしやすい気候

「南米のパリ」の異称を持つお洒落な街並み。
アサード料理やタンゴショーがオールシーズン楽しめます♪
10月後半から3月中旬までが夏季で4月や10月は冷涼、5月から9月は 防寒着が必要な季節になります。

   
パタゴニア
アルゼンチン
アルゼンチン|パタゴニア旅行のベストシーズン
11月~3月

南緯42度以南に広がる不毛の大地パタゴニア地方。
夏場(11月~3月)には想像を超えた大自然と感動に出会えます!
夏場と言っても緯度が高いので太陽が隠れていると肌寒さを感じるほどです。特にウシュアイアは風も強く、カラファテでの氷河観光は冷えるので防寒着は必須携行品です。

   
ワイナリー
アルゼンチン
アルゼンチン|ワイナリー旅行のベストシーズン
12月~3月がベター

アルゼンチンのワイナリーベルトを訪れるなら12月~3月。
12月だと葡萄はあまり成長していませんが混雑は避けることができる季節。3月の収穫祭時期はお値段も高くなるので、できれば避けたい季節。

   
ウマワカ渓谷
アルゼンチン
 
バリロチェ
アルゼンチン
アルゼンチン|バリロチェ旅行のベストシーズン
11月~2月  ※スキーは6~8月

夏場は森と湖に囲まれ、冬には南米屈指のスキー場となるバリロチェ。
「南米のスイス」と呼ばれ、本家スイスをも凌駕すると感嘆する人もいるほどの絶景が楽しめます。

 

チリ旅行のベストシーズン

国土面積世界37位(南米7位)の国土面積のチリは西を大西洋、東はアンデス山脈に挟まれ最も幅が狭い場所ではわずか90㌔しかないチリですが、南北は4630㌔にも及ぶ世界一長い国!
午前に海水浴、午後からスキーが楽しめるのはチリだけの特権です!
北部は砂漠、中部は深緑そして南部はフィヨルド地帯と気候・環境が全く異なるため1年中どこかを訪問することができるのがチリです。 パタゴニア地方を旅行するのであれば10月~3月の夏季北部やアンデス地方4月~10月の冬季ワイナリーは12月~3月そしてイースター島であれば通年訪れることができます。
チリ旅行の玄関口となる首都サンチアゴ自体がワイン産地のマイポ渓谷のなかにあるのでぜひ立ち止まりたい場所です。

チリのシーズンカレンダー
 
サンチアゴ
チリ
   
パタゴニア
チリ
チリ|パタゴニア旅行のベストシーズン
11月~3月

南緯42度以南の総称パタゴニア。元はPATAGONという「大きな足を持った人」という意味。
アルゼンチン同様にパタゴニアを訪れるには11月~3月がベストで、太平洋側から吹き上げてくる寒風はアルゼンチン側の寒さの比ではありません。南部ジャンキウェ湖を見下ろすオソルノ火山は富士山同様に美しい稜線を描きますが、南部へ行くほど山の頂きは峻嶮さを増していきます。

   
ワイナリー
チリ
チリ|ワイナリー旅行のベストシーズン
12月~3月

チリのワイナリーは北からコキンボ地方、アコンカグア地方、セントラルヴァレー地方そして南部地方の4地方16ヵ所に分かれています。
12月~3月がベストシーズンであることに間違いはありませんが、収穫・仕込みが終わった後のワイナリーも「できかけ」のワインを試飲することもできたり、翌年に向けてゆっくりと眠るブドウ畑の鼓動が楽しめるので通年行けるのもワイナリーの良いところです!
ワイナリー数か所を巡ったり、ワイナリーロッジに滞在して腰を据えて楽しむ方法等々。

   
アタカマ高地
チリ
チリ|アタカマ旅行のベストシーズン
4月~9月

チリ北部に広がる砂漠地帯そしてアタカマ高地。ベースとなるサンペドロ・デ・アタカマの標高は2600m地点(富士山5合目付近)にあたります。
世界で最も乾燥した場所そして世界最高所にある天文台があることでもお分かりのとおり毎晩天然プラネタリウムが楽しめる場所なのです。
そして忘れてならないのはインカ帝国よりはるか昔に栄えたアンデス文明が栄枯盛衰を繰り返してきた遺跡の宝庫ということ。

 
イースター島
チリ
チリ|イースター島旅行のベストシーズン
12月~4月

イースター島はサンチアゴから約3800㌔離れた絶海の孤島。復活祭の日に発見されたのでパスクワ島(Easter Is)と呼ばれていますが現地ではRapa Nui(ラパヌイ)と呼ばれています。
訪問の目玉は何といっても島の各所に鎮座するモアイ像でしょう。誰が何のために造ってその後破壊されてしまったのかは今もなお諸説様々です。ご自身で想像を巡らせるのが一番!

 

ペルー旅行のベストシーズン

国土面積世界19位(南米3位)のペルーは北部をエクアドルとコロンビア、東部はブラジル、東南部をボリビアとチリを国境にしています。
その国土は砂漠が広がる沿岸部のCosta、アンデス山脈が縦断するSierraそしてアマゾン河流域のSelvaに大別され約60%がアマゾンに属しています。
ペルー最大の目玉は何と言ってもインカ帝国にまつわる巨石文明が遺した数々の遺跡群。首都として栄えたクスコを中心に遺された遺跡を目当てに世界中から訪問客が絶えることがありませんが、中でもマチュピチュ遺跡は「天空の都市」として人気を博しています。
マチュピチュ遺跡中心のピンポイントであれば雨季を避けた時期が一番のおすすめです!

ペルーのシーズンカレンダー
 
マチュピチュ&クスコ
ペルー
ペルー|マチュピチュ&クスコ旅行のベストシーズン
通年 ※マラスの塩田時期:6月~9月※雨季は避けたい所

世界遺産に登録されているマチュピチュ遺跡とクスコはペルー旅行最大の観光スポット! この2か所のどちらかでも行き損なうと「行っておけばよかった」と後日歯ぎしりすることになりかねないので、事前に日程をよ~く相談しましょう。

◎マチュピチュ遺跡

名実ともにペルー観光の筆頭に挙げられるマチュピチュ遺跡。ハイラム・ビンガムによって発見され110年経過した後にワイナピチュへの登山道や段々畑、居住区が発見され続け、その度に諸説が裏返る謎の空中都市です。訪問客が増え遺跡の至る所で石積みが崩れ始めているために入場制限が行われています。

◎マラスの塩田

クスコからウルバンバ渓谷を経てオジャンタイタンボに向かう途中、その「インカの塩田」はあります。
峻嶮な山肌に張り付くように作られた棚田は乾季になると真白に塩を吹き出す塩田と化します。かつてその場所、3200mの山肌が海底にあったという証明の一つでもあります。マラスの絶景、白濁した棚田を見たいなら迷わず乾季(6月以降)です!

 

ボリビア旅行のベストシーズン

国土面積世界27位(南米5位)のボリビアはペルー、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、チリ5か国と国境を接する内陸国です。
首都ラパスが位置する標高3600~4000mにかけた地域はAltiplano、アマゾン熱帯雨林はLlano、アマゾンとアンデスの間は住みやすいValleと呼ばれ9県に分かれています。アンデス地方にはボリビア最高峰のサハマ(6542m)をはじめ13の超6000m級の霊峰が連なっていますタリハなどの南部ではワイン生産も行われており、観光や鉱物資源だけではない魅力を持ち合わせています。
ボリビア最大の観光地ウユニ塩湖は通年訪れることができますが雨が冠水して「天空の鏡」を見るなら1月~3月真っ白な塩平原なら4月~12月です。

ボリビアのシーズンカレンダー
 
ウユニ塩湖
ボリビア
ボリビア|ウユニ塩湖旅行のベストシーズン
通年 ※天空の鏡:1月~3月

世界最大級の塩湖ウユニ。簡単に言えば海底にあった100 x 100㎞のお盆が3600mまで隆起したのがウユニ塩湖です。
ウユニ塩湖には出口となる川が存在しないため、雨季に降った雨が次第に溜まって鏡面のような湖面を作り出します。また雨が降ったからといって湖のどこでも鏡面になるとは限らず、何日前に降った雨、雨量や風向きによって水が溜まる場所が異なるので塩湖を知り尽くした熟練度が必要になります。

ラパス:通年

ボリビアの首都ラパスは、スペイン人が金鉱・銀鉱を求めて侵略した時代に造られた宿場町。空の玄関口エル・アルト空港の標高は4060m !!
高山病になる人は到着後に即効なってしまうほどの高さです。
スペイン統治時代の風景と現代の風景、それにインカ帝国時代の基盤が融合されているため不思議な街並みが楽しめますが、標高が3750mで坂が多いのであちらこちらを歩き回るのはかないしんどい町です。

 

ウルグアイ旅行のベストシーズン

国土面積世界88位(南米10位)のウルグアイはブラジルとアルゼンチンに挟まれた小さな国です。
小さな国ではありますが、南米の中では経済的に安定した国で、肉とワインの消費量は世界ランカー並みというのも、この国を訪れれば頷けます。とにかく肉とワインが美味い!ブラジルやアルゼンチン肉もそれなりに美味いのですが、ウルグアイ肉は特筆に値する美味さを誇ってます。 首都モンテビデオ通年訪れることができるので、モンテビデオ近郊もしくは4コロニア近郊のワイナリーと合わせていくのが理想的です。

ウルグアイのシーズンカレンダー
 
ワイナリー
ウルグアイ
ウルグアイ|ワイナリー旅行のベストシーズン
12月~3月

チリのカベルネ種、アルゼンチンのマルベック種同様に南米で一番初めにタナー種を持ち込んだウルグアイ。
どっしり、重厚ながらあと味爽やかなタナー種とウルグアイ肉のデュエットはこの上ない芳醇さを醸し出します。そんな秀逸ワインとワイナリーが首都モンテビデオからわずか小1時間で楽しめる場所にあるというのが羨ましい限り!

 
コロニア
ウルグアイ
ウルグアイ|コロニア旅行のベストシーズン
通年

正式名はColonial de Sacramentoと言い世界遺産に登録されています。
ラプラタ河に面し、その対岸はアルゼンチンのブェノスアイレスに続きます。町を訪れて一番はじめに感じることは「時間が止まっている」ということ。
忙しい経済活動の波を一切感じることがない静観とした風情に自ずと足並みも緩んでしまいます。
コロニア近郊のワイナリーも時間的に余裕があればぜひ訪れたい「掘り出し物」が揃ってます。

 
ガラパゴス諸島
エクアドル
 
ボゴダ&カルタヘナ
コロンビア
コロンビア|ボゴダ&カルタヘナ旅行のベストシーズン
通年

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>