トップページ > 中南米における新型コロナウイルスの感染状況・当社の対策

ブラジルにおける新型コロナウイルス感染症の罹患状況

1)  昨年12月26日に決定された日本における水際対策強化に関する新たな措置のうち、検疫の強化(国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの入国者)検疫の強化の対象国・地域にブラジル(サンパウロ州)が以下の通り指定されておりますので、日本への御帰国等の際には、出国前72時間以内の検査証明のご取得など、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

指定日: 令和3年1月6日
措置の実施開始日時(日本時間):令和3年1月10日午前0時
国・地域:アメリカ合衆国(ジョージア州)、ジョージア、ナイジェリア※、ブラジル(サンパウロ州)、ルクセンブルク

※国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からのすべての入国者は、出国前72時間以内の検査証明(注1)が必要とされます。また、検査証明を提出できない帰国者は、検疫所が確保する宿泊施設での14日間待機を要請してきたところですが、1月9日午前0時(日本時間)以降に入国し出国前72時間以内の検査証明を提出できない者については、入国後3日目において、改めて検査を行い、陰性と判定された者については、新たに位置情報の保存等(接触確認アプリのダウンロード及び位置情報の記録)について誓約を求めるとともに、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅等での待機が求められます。

1)  1月8日(金)、サンパウロ州政府は同州経済活動計画(Plano SP)の更新、各フェーズにおいて許可される経済活動の水準及び同フェーズ見直しのための新たな基準を発表しました。

  2)  サンパウロ州内のほとんどは現状のフェーズ3/黄(緩和段階)となった一方、マリリア市、プレジデンチ・プルデンチ市、レジストロ市及びソロカバ市についてはフェーズ2/オレンジ(制限)となりました。その他については2月5日まではフェーズ3/黄のままですが、関連の指数が悪化すればいつでも変更される可能性があります。

3)  新たな基準では、フェーズ2/オレンジ(制限)であってもスポーツジム、美容院、映画・劇場や州立公園の営業は認められます。フェーズ2/オレンジにおいて認められる経済活動は1日8時間となります(以前は4時間)。客の収容率も20%から40%に引き上げられます。ただし、すべての施設は20時には閉める必要があります。また店舗での酒類の消費は禁止されます。

4)  フェーズ3/黄色(緩和段階)からフェーズ4/緑(部分的再開段階)に進むための要件は厳格化されました。フェーズ4/緑とされるためには、過去14日間の10万人あたりの入院者数が30人以下であり(以前は40人以下)、かつ10万人あたりの死者数が3人以下(以前は5人以下)である必要があります。

5 フェーズ2/オレンジとされるための水準は引き下げられました。従来は集中治療室(ICU)の使用率が75%を超えた場合とされていましたが、この基準は70%に引き下げられます。ICU使用率が80%を超えた場合にはフェーズ1/赤(最大限の警戒)となります。

問合せ先:在サンパウロ日本国総領事館

罹患781万と死者約20万人近くになっています。(1月6日現在)
1月8日にサンパウロ州の感染の警戒レベルがそのままもしくは一段階引き上げられるかが決まります。
もし引き上げられる場合はより強い規制となることになります。

罹患140万と死者6万突破。(7月1日現在)
6月22日の時点で108万と言ってたのが今日で140万。10日間で32万増えたので日割り平均で3万強増え続けていますね。
これから冬に向かい乾燥すれば、もっと罹患しやすい状況?

本日時点での罹患者数134万!26日より11.6万人増え歯止めが効かない中、商業活動の規制緩和がさらに進むとなるとブラジルの早期収束は望めそうにありません。
近隣諸国ペルー、チリ、アルゼンチンそしてボリビアでも感染は止まらない状況で、相変わらず国境封鎖措置が続いています。

外国人の入国制限状況

2020年6月20日~国籍に関わらず,外国人のブラジルへの陸路,空路及び水運による15日間の入国制限措置が延長されています。(2020年6月20日~15日間の延長)

観光地の状況

ブラジル国内

7月1日からレンソイス砂丘が解禁になりましたが、衛生局によると砂丘に溜まった湖の
水(地下水)がコロナウィルスに汚染されている可能性があるため検査が必要と指摘。
今のところ湖に入ること自体は禁止されていませんが・・・。

6月22日に再開したものの、パラナ州政府がロックダウン再開したためにイグアス国立公園
も再度閉鎖。

7月の冬休み時期を迎えるにあたり、各地観光地が再始動を模索。

大半のホテルがチェックイン時、朝食時の検温、マスク着用、部屋占有率をを50%減、レストランは閉鎖してルームサービスで対応、バー、フィットネスなどの共有スペースは閉鎖、チェックアウト後24時間部屋を未使用、滞在中に症状がでた場合は隔離などのコロナ対策がベースになっています。
リオの5☆ホテルなどは3連泊の3日目が無料などのプロモーションを行って集客回復を狙っています。

アトラクションを伴う観光地では入園閉鎖、時間・入場制限を行っていますので事前に詳細チェックが必要です。

 

ブラジル近隣諸国

ペルーも以前として国際線は運休、国内線は7月から再開予定でしたが具体的な期日は未確定。
マチュピチュ遺跡も今月から再開予定でしたが延期。

罹患者の大多数が首都ブェノスアイレスに集中しており、パタゴニア地方のウシュアイアやカラファテは罹患者数“0”!でも国内線が飛んでいないので行くことができません。

ブラジルに次いで感染者が多いペルー、チリは約27万に増え、規制が継続されて行われています。
アルゼンチンは罹患者6万ですが、すでに9月まで規制継続が決まっておりボリビア(3.1万)はIDカードによる
移動規制、国際空港閉鎖などが7月31日まで継続されます。
(数字は6月29日現在)

当社の新型コロナウイルス感染症対策(COVID-19)

【1】旅行のご相談はオンラインで

ご来店いただかずに、お時間ご予約頂き、オンラインなどでのご相談や、 LineやWhatsAppなどでもメッセージをやり取りしてご対応可能です!
※オンライン相談では事前のご予約を頂き、ご勤務後や夕食後などお時間の余裕があるときや、 ご夫妻でお話されたいなどご希望にできる限り柔軟に対応させて頂きます。
もちろん従来どおりメールでのお問い合わせ並びにご予約も承っております!

【2】ご来店でのご相談はご予約制でマスクのご着用を

ご来店でのご相談は、「三密」を避けるため、ご予約制で承ります。
※ご来店の際はマスクをご着用のご協力をお願いいたします。

【3】お申込みからご出発・ご旅行中・ご帰宅まで一切を遠隔でトータルサポート

弊社では従来よりお問い合わせ、お見積もり、お支払い(キャッシュレス)、 バウチャー発行、ご旅行中のケアまで全てご来店いただくことなく安心して過ごして頂けます。
気になるお支払い方法に関しても柔軟にご相談いただけます。

【4】旅行中人との接触を避ける「プライベートツアー」

弊社では従来より、大勢の人との接触が余儀なくされる、混載ツアーではなく、 「三密」を避けるためご家族様単位でのプライベートツアーをお勧めしております。

尚、宿泊施設では、新型コロナウイルスの感染予防策として、宿泊施設側の都合により ご予約時のサービス内容を予告無く変更させて頂くことがございますので、予めご了承ください。

安心の100%日本語対応

現地旅行社だと、お問合わせ時も日本語が通じるのかな、、、そんな心配もありますが、WECなら安心!!
電話やメールは勿論ですが、WhatsApp、Lineでも100%で日本語対応をお約束!!

WhatsAppでのお問い合わせ

◎ご利用方法

WhatsAppがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から、以下の「QRコード」をスキャンすることで、WEC Travel AgencyとWhatsAppチャットを開始できます。。

  • Wec Travel AgencyのビジネスWhatsAppチャットQRコード

LINEでのお問い合わせ

◎ご利用方法

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から、以下の「友だち追加」ボタンをクリックするか、「QRコード」を読み取り、”Wec Travel Agency”を友達に追加し、LINEのトーク画面からお問い合わせください。

  • LINE 友だち追加
  • Wec Travel Agencyの公式ラインQRコード