WECトップペルーのツアーペルー周遊8日間(マチュピチュ・ナスカ・チチカカ湖)
WECツアー紹介
採用情報
アクセスマップ
リンク
WEC会社概要
ペルー周遊
8日間の旅
Best Season
マチュピチュ、ナスカ、チチカカ
通年
マチュピチュ遺跡
16世紀初頭に最盛期を迎えたインカ帝国。
スペイン人が侵略後に建てた教会のほとんどは、幾度の大地震に倒壊を繰り返しましたが、インカの石組みは微動だにせず、今もなお訪れる人々をインカ帝国の時代へと誘います。
ペルー旅行のメインは何と言ってもマチュピチュ遺跡ですが、インカよりはるか昔に栄えたナスカ文明が残した地上絵、悠久の時へといざなうチチカカ湖など、ペルーは私たちを飽きさせることを知らない、感動の国です。
ツアー写真
ツアー写真
ツアー内容
出発日
毎日

1日目
サンパウロ発の便にてペルーの首都リマへ。
現地到着後、現地ガイドが出迎えホテルへ。
2日目
早朝、バスにてナスカへ向かいます。(約6時間)
到着後、現地英語ガイドが出迎えます。
午後から地上絵遊覧飛行。ナスカ平原に描かれたハチドリ、クモ、コンドル、サル、ぺリカン等の地上絵をご覧いただきますが、旋回飛行を続けるセスナに酔わないようご注意を!
3日目
ホテルにて朝食後、出発までの時間を利用してナスカの町や博物館を見学されてはいかが?
午後、バスにてリマへ戻ります。到着後、日本語ガイドが出迎えホテルへ。
4日目
ホテルにて朝食後、空路クスコへ。
到着後、日本語ガイドが出迎えホテルへ。昼食は各自お取りください。
午後、クスコ市内観光へ。サント・ドミンゴ教会、カテドラル、アルマス広場そして郊外のサクイワマン砦跡、ケンコー遺跡とプカ・プカラ遺跡を観光します。
夕食は各自お取りください。
 
5日目
ホテルにて朝食後、日本語ガイドと共に駅へ。
ペルーレイルのビスタドーム号またはバックパッカー号にてマチュピチュへ。
麓から乗合バスにてマチュピチュ遺跡へ。まずは全景が見渡せるポイントへ向かい、段々畑を通って町へと向かいます。
石切場、三つの窓の神殿そしてインティワタナ(日時計)、居住区、牢獄、水汲み場、太陽の神殿、王女の宮殿等、インカへの興味は深まるばかりです。
観光後、サンクチュアリロッジにて昼食を取り、下山します。
ペルーレイル列車にてクスコへ。
 
6日目
ホテルにて朝食後、日本語ガイドと共にバスターミナルへ。
陸路でプーノへ向かいます。途中、アンダワィーリャスの教会、ラクチ遺跡、プカラ村を観光します。その間一番標高が高い4313メートル地点で写真ストップ!途中のレストランにて昼食。
プーノ到着後、英語ガイドが出迎えホテルへご案内します。
 
7日目
ホテルにて朝食後、英語ガイドと共にチチカカ湖に浮かぶ”葦の浮島”ウロス島観光へ。観光後、英語ガイドと共にフリアカの空港へ、空路フリアカからリマへ戻ります。
リマ到着後、日本語ガイドが出迎え国際線チェックインカウンターへご案内します。
 
8日目
深夜の便にてサンパウロへ向かいます。
おすすめオプショナルツアー

Copyright© 2005. WEC LTDA. All rights reserved.