WECトップチリのツアー絶海の孤島イースター島のツアー
WECツアー紹介
採用情報
アクセスマップ
リンク
WEC会社概要
絶海の孤島
イースター島
Best Season
イースター島6日間の旅
通年
イースター島
チリ本土から3800km。太平洋上に浮かぶこの島には約900対にもおよぶモアイ像があります。神秘のベールは多くの謎に包まれたままになっており、いつ、誰が、何の目的でモアイを造ったのか?
人口の増加と食料不足が原因とされるモアイ戦争によって多くのモアイがうつ伏せに倒されてしまいました。切り出し最中に放置されたままになっているモアイもあり、当時の島の混乱ぶりが想像できます。島から戻ったら、銘酒コンチャ・イ・トーロのワイナリーで世界的にも評価の高い”ディアブロ”をお試しいただきます。
ツアー写真
ツアー写真
ツアー内容
出発日
毎日

1日目
サンパウロ発の便にてチリの首都サンチアゴへ。
現地到着後、現地ガイドが出迎え市内観光へ。
旧市街の中心アルマス広場、内装が美しいカテドラル、モネダ宮殿等を見学します。
2日目
ホテルにて朝食後、サンチアゴ市民の保養地、ビーニャ・デル・マールとノスタルジックな町並みが世界遺産に登録されているバルパライソを観光します。(昼食付き)
3日目
ホテルにて朝食後、サンチアゴから太平洋に浮かぶ絶海の孤島イースター島へ。(所要5時間半)
到着後、ホテルへ。午後から島の中心部アフ・アキビにある7対のモアイ像やアナ・テ・パフの洞窟、モアイ像のまげの切り出し場プナ・パウを見学。
4日目
ホテルにて朝食後、アナケナ海岸のプカオ(髷)を載せたアフ・ナウナウや光の石“テ・ピトクラ”、そして日本の援助によって復元されたアフ・トンガリキの15対のモアイ像や正座するトゥリ・トゥリのモアイ、ラノ・ララクの切り出し場等を観光します。光の石に磁石を近づけてみると、磁石が回転してしまう?
観光後、ホテルへ。ハンガ・ロア村外れまで頑張って足を延ばすと、夕陽を背にアフ・タハイや島で唯一目がはめ込まれたモアイ像を見ることができます。
 
5日目
ホテルにて朝食後、出発までフリータイム。
ラノ・カオ火口湖とオロンゴまで一走りされてはいかが?
イースター島からサンチアゴへ戻ります。到着後、ガイドが出迎えホテルへ。
 
6日目
ホテルにて朝食後、チリの銘酒コンチャ・イ・トーロのワイナリーを見学。もちろん赤白の試飲をお楽しみいただきます。(試飲に使用したワイングラスは記念にお持ち帰りできます)
見学終了後、空港へ。サンチアゴからサンパウロまたは次の目的地へ。
おすすめオプショナルツアー

Copyright© 2005. WEC LTDA. All rights reserved.