WECトップブラジルツアー|17世紀の面影を伝える 古都オウロ・プレット
WECツアー紹介
採用情報
アクセスマップ
リンク
WEC会社概要
17世紀の面影を伝える
古都オウロ・プレット
Best Season
オウロ・プレット観光
通年
オウロ・プレットの町並み
標高1000メートルの山間に開けた古都オウロ・プレット。
かつてはミナスジェライスの州都として、また金鉱脈の発見によってブラジル経済を支えるほど発展した町でしたが、金鉱脈の枯渇とともに、波が引くように人々は去っていきました。その栄華を物語るバロック様式の数々の教会が今もなお数多くたたずむオウロ・プレット。 時間が止まったままのような静かな町並みは、是非とも足を運びたくなります。 サンパウロから陸路700キロと内陸に入り込んでいるため、州都のベロオリゾンテまで飛んで110キロを陸路移動するのが一番良いアクセス方法 ですが、遠路はるばるやって来た甲斐があった!と思わせる植民地時代の面影を残すこの町はユネスコの世界遺産に登録されています。
ツアー写真
ツアー写真
ツアー内容
出発日
毎日

1日目
サンパウロからミナス・ジェライスの州都ベロオリゾンテへ。
現地到着後、現地ガイドが出迎え混乗バスにてオウロ・プレットへ向かいます。
100キロ約1時間半の道程で、ユネスコ世界遺産に指定されている古都オウロ・プレットに到着です。
標高1000㍍の山間に建ち並ぶ17世紀後半の町並みは、かつてのゴールドラッシュの面影を至るところに残しています。中でも”ブラジルのミケランジェロ”と呼ばれたアレイジャジーニョの手がけた多くの絵画や祭壇が観光客の目を引きます。
2日目
ホテルにて朝食後、徒歩にて世界遺産の町並みを散策します。
チラデンテス広場の博物館には独立運動の先駆者チラデンテスの棺が安置されており、ブラジルの歴史を垣間見ることができます。
その他にもサンフランシスコ教会、金を贅沢に使ったピラール教会、奴隷たちによって建造されたイフジェニア教会等、18世紀のバロック様式の教会をご覧になれます。
3日目
ホテルにて朝食後、フリータイム。
オウロ・プレットの町を気の向くままに散策するのも良いし、近郊の町マリアーナやコンゴーニャスまたはサンジョアン・デル・ヘイまで足を延ばしてみてはいかが?
夕刻、ベロオリゾンテへ戻ります。到着後、ホテルへ。
4日目
ホテルにて朝食、ベロオリゾンテ市内を観光した後、空港へ。
サンパウロ、または次の目的地へ向かいます。
おすすめオプショナルツアー

Copyright© 2005. WEC LTDA. All rights reserved.